有機農業

チャガラシとえん麦の芽が出てきました。

チャガラシとえん麦の芽が出てきました。
緑肥にします(種を蒔いて、実をつける前に土に混ぜ込み翌年以降の肥やしにする)。

緑肥の効果は、肥やしにするだけではなく、いろいろあります。

その中に、土壌に炭素を貯める効果があります。CO2(二酸化炭素)を吸収します。

この資料によりますと、

有史以来の土壌炭素の変化:
~土地利用変化によって既に人類が失った炭素の量~

先史時代から現在まで土地利用変化により失われた土壌炭素は、過去の化石燃料の燃焼総量よりも大きい

とのことです。

地球温暖化については、「温暖化するから二酸化炭素が増える」という「原因の結果だ」「鶏が先か?、卵が先か?」のような異論もありますが、緑肥や適量な堆肥などで炭素貯留することがダメという人は、少ないのではないでしょうか。