環境

台風一過

沖縄や九州など西日本に強風の被害をもたらした台風17号(ターファー)。
その台風から変わった温帯低気圧が過ぎ、本別町負箙(オフイビラ )は気持ちよく晴れています。

十勝管内の中で比較的年間雨量の少ない本別町は今回、40mm弱の雨量、海沿いの広尾町では100mm超え、中央部の帯広市でも60mm弱と比較すると今回も少ない方。

9月の下旬の雨は畑の乾きが悪く収穫作業に支障をきたします。

今週の気象庁の帯広の週間天気の予想最高気温を見ると

9月の下旬の連日の夏日(最高気温が25℃以上)予想なので畑は乾きそうです。
しかし予報とはいえ、この北海道十勝で9月下旬に連日夏日とは…

やはり温暖化が進んでいるのでしょうか?
ますます気象災害は酷くなるのか、近年が特別なのか…
予想より早く温暖化による大きな気象災害が出てきているのでは? と感じるのは「SNS等の被害状況の拡散が早くなった」ための錯覚なのでしょうか?