農場ブログ

雪がとけてきたよ

オフイビラの高台の様子(2019/3/8)

北海道の中でも、降雪の少ない十勝、本別町は十勝の中でも雪の少ない地域。

今年(2018-2019シーズン)はちょっと変、平年ですと、積雪は十勝南部・西部を中心にそこそこあるのですが、もともと少ない本別町(今年は本別町も少ないのですが)より今年の冬は十勝の中央部を中心に強風によって雪が飛ばされ、畑の土が巻き上げられるほど少なかったです。

本別町はこの冬、多少の積雪がありましたが今では、国道(242)沿いを中心に、畑の雪が消えています。

当農場のある本別町オフイビラは今年に関して言えば十勝管内では積雪のあった方です。
オフイビラの高台の様子、冒頭の写真です。
土が顔を出してきました。

 

さて2019年産の小麦の様子です。

この写真は、沢の中の畑にある小麦「キタノカオリ」です。
昨年、小麦の前にタネをまき育てた(緑肥)「チャガラシ」が実をつけてしまいました。
そのあとに小麦のタネを巻いたのですが、実をつけた「チャガラシ」のタネも芽をだし、小麦と一緒に育っていました。
が、冬の間の寒さで「チャガラシ」は枯れて白くなっています。狙いどうりです。

(緑肥とは、タネを植え育て、収穫しないでそのまま畑の土と混ぜ込むことによって畑の肥やしにすること)

 

続いての写真は、高台の畑にある小麦「きたほなみ」です。
昨年、小麦の前にタネをまき育てた(緑肥)「チャガラシ」が実をつけてしまいました。
そのあとに小麦のタネを巻いたのですが、実をつけた「チャガラシ」のタネも芽をだし、小麦と一緒に育っていました。
が、冬の間の寒さで「チャガラシ』は枯れて白くなっ………て、て、いないものもあるような……ま、マズイ……

雑草化するかな……どうしよう……