農場ブログ

2023年産の秋まき小麦の種を蒔いたよ

8/30と9/10〜9/12にかけて 2023年収穫用のオーガニック(有機)小麦 の種を蒔きました。

8/30は 生育中の大豆に きたほなみ を散播 ↓(大豆間作小麦)

大豆を収穫する10月下旬から11月上旬には 小麦の生育が進んでいます。

9/10 ブラックアインコーン(ヒトツブコムギ)とブラックエンマー(フタツブコムギ)
アインコーン、エンマーは2022年産は DONの値が高く売り物にならなかったので 来年産こそ リベンジ。

アインコーンは9000年前の遺跡から発見され、初めてヒトが栽培した小麦と言われています。wikipedia ヒトツブコムギ

アインコーン、エンマーは、畝幅の広い機械で蒔きましたよ。


今年、取引のあるパン屋さんが視察に来られて、「ナウシカ やってみたかった」と小麦畑の中を笑顔で入っていきました。
通られるほうが、喜んでもらえるのかな という思いもありまして…

売り物にならなくても 喜んでくれる人がいれば という 言い訳もあります。

でも 設定ミスで 種の量が多かった…倒れなければ良いのですが( ˙˙ ; )

9/10〜9/12 きたほなみ と キタノカオリ

9/10 は中秋の名月。
月の満ち欠けで農作業を判断する農法では 満月以降のこの時期の種まきはダメだそうです。うーん(°▽°)