負箙(オフイビラ)

注連縄(しめなわ)つくり を したよ

地元の負箙(オフイビラ )神社の秋祭り用の注連縄(しめなわ)を作りました。

2つの自治会で構成する負箙地区。神社当番は2年に1度、交互にやってきます。とは言っても、当自治会では2班に別れていて、実質4年に一度でした。以前までは…
過疎化が進み、数年前から自治会全体で行うことになり、今は2年に一度の当番。

4年に一度の当番で大半を過ごしてきた私にとっての注連縄つくりは正直、4年前の作り方もすっかり忘れ、作り方がわかる人がいなくなれば、出来合いのものを用意することになるのではと高を括っていました。

過疎化も悪いことばかりでは、無いようです。2年に一度当番になってから自治会に出てきた比較的若い世代は、手際も要領もよく、自分がやらなきゃという覚悟もあり、作り方も覚えていて 頼もしいです。……どちらが先輩なのか、わからない状態です。

でも、スゲは用意したから、許してね…

みんな協力的で。出来無い私にも優しい良い地域です。

 

 

「スゲ」刈りをしたよ今年は、負箙(オフイビラ )神社の当番。秋祭りに飾る「しめ縄」用の「スゲ」を刈りに畑の脇の近くの山へ。 春先の山菜の季節のときとは...